むさし塾|埼玉県 比企郡 嵐山町|埼玉県 川越市の学習塾

むさし塾 bannerお問合せはこちら
一人一人の生徒と
講師紹介
img
むさし塾嵐山校 教室長

担当科目:全教科

 

川越高校から慶應義塾大学法学部法律学科へ進学。

大学在学中よりフリーランスのルポライターとして、週刊誌等で執筆するとともに、浪人中代々木ゼミナールの模擬試験で全国2位だった経歴を活かし塾講師や家庭教師としても活躍。

2000年、嵐山町にて、むさし塾を開塾。

実践的な受験テクニックはもとより、一般常識、社会で生き抜くために必要な知識を生徒に伝える中身の濃い授業は、多くの「自らの頭で考えることができる子どもたち」を育ててきた。

高校、大学進学のみならず、大学卒業後の就職、教員採用試験、公務員試験、税理士試験などの各種資格試験に至るまで親身になって相談に乗る懐の深さには定評があり、在塾生だけでなく卒業生やその保護者たちから絶大な信頼を受けている。

プライベートでは読書とコーヒーと車をこよなく愛し、「最近、めっきり身も心もまあるくなった(本人談)」と嘯くおじさんである。

講師紹介
img
森田先生

担当科目

英語・算数

むさし塾英語の柱。

抜群の指導力で、毎年、むさし塾“全塾生”の英語の平均点を底上げ。北辰テストでは塾生平均が全県平均を大きく上回るのが通例になっている。

授業の内容に容赦はないが、英語の成績が必ず上昇するので、多くの塾生がその授業を熱望する。

卒業生からは例年「MJのおかげで英語が出来るようになった。」 「英語が好きになれた」と感謝されることが少なくない。

むさし塾では長年にわたり塾長の片腕として塾運営に携わってきたが、近年は進路指導の面でも力を発揮。生徒それぞれの現状を把握した正確なアドバイスには定評があり、保護者、塾生から絶大な信頼を寄せられている。

また常に冷静沈着で、(情熱ゆえ)時に“暴走モード”に突入する塾長をセーブできる唯一の存在でもある。「むさし塾の良心回路」の異名も。

 

img
田中先生

担当科目

国語・社会・理科

本業はフリーランスライター。

「ダ・ヴィンチ」など多くの雑誌で執筆中。塾長とは慶応義塾大学以来の友人であり、数年来の要請を受け昨年度より、週に一度、世田谷の自宅から2時間かけて通勤することに。

嵐山教室では主に国語を担当。

“文章のプロ”であるとともに、“知識の引出”の多さが持ち味。

また自らも中学生の父として今の子どもたちの日本語能力に危機感を抱いている。

単に問題を解くためだけにとどまらない深い国語の授業は、科学の最新事情から歴史の逸話にまで及ぶ。

高校、大学受験生のための「受験テクニック」を伝授する塾長と合わせてむさし塾スタイルの国語教育を模索中。

img
渡邉先生

担当科目

英語・数学

通称はるちゃん。

大学在学中に、むさし塾の創立に参加。

就職のため、一時塾を“卒業”していたが、結婚により離職、昨年度より再びむさし塾で教鞭をとっている。

川女(川越女子高校)→日芸(日本大学芸術学部)→広告写真家という異色の経歴の持ち主であるが、指導力は抜群でほとんど全ての科目をこなす。

その小さな体、普段の温厚な物腰のどこにそんなパワーがあるのかというほどエネルギッシュな授業を展開。

時として塾生のために歯に衣着せぬもの言いで斬りつけ、塾生たちどころか塾長までも震え上がらせることも……。
もっとも普段は抜群の面倒見のよさで、塾生たちに慕われている。 主に川越教室での授業を担当。

 

夏期講習のお知らせ